出産祝い風習が変化?

日本の古くからの習慣として出産祝いがあります。若い人たちにはあまり馴染みのない言葉かも知れませんが出産祝いは大事な風習です。出産祝いとはどんなことを指すのでしょうか。
出産祝いとは、簡単に説明すれば子供が生まれた時に出産祝いの贈り物をする事です。昔は男の子が生まれた時は紋付の広袖、女の子が生まれた時は紋付の着物を送っていました。

しかし、最近の出産祝い事情は変わってきています。今までは親戚や友人などを誘って盛大にお祝いを行なっていたのに対し、最近では内輪でお祝いや宴を開き、お返しはお金で済ます方法が増えています。

出産祝いを贈る際に注意しなければいけない事もあります。それは、母子共に健康な状態で出産を終えたか、出産祝いを贈る時期など細心の注意が必要です。出産祝いを贈る時期としては生後一ヶ月目までに送るのがベストです。
遅くともお宮参りまでには贈呈を完了させておきましょう。

お祝いのお返しに内祝い

内祝い

お祝いを貰った側もお返しをしなければ失礼になりますのでお祝いを戴いてから1ヶ月以内にお返しをしましょう。
このように出産祝いには様々な規則やルールがあります。お祝いだからと言って適当に送っていればいいと言うほど簡単なことではありません。

出産内祝いも存在します。内祝いとはお世話になった人々に、お祝いを貰っている、貰っていないに関わらず出産の喜びを伝えるお祝いです。出産祝いはお祝いを戴けるのに対して、内祝いは逆にお祝いを贈る立場になるのです。
最近ではお祝いを貰ってそのお返しを内祝いとして送る様にもなってきています。

内祝いの金額は?

お祝いのお返しをする時の基本は半返しと古くから言われており、戴いたお祝いの半額か三分の一の値段のお返しが相場や目安になっています。内祝い業界の最近の傾向や特徴としては、送り先の個性やタイプに合わせてお返しを選ぶ傾向にあります。送り主の独断と偏見でお返しの品を決めるのではなく相手側の立場に立って考える贈り物が主流になってきています。

相手方の趣味や好みがわからない場合は

  • 食器
  • 洗剤
  • タオル
  • 石鹸
  • 料理用油
  • 食器

などの一般的に貰って喜ばれる物を選ぶようにしましょう。

内祝いの決まりごと

内祝いにもいろいろと決まりごとが多くあります。例えば、赤ちゃんの写真や赤ちゃんの画像を使った商品を送るのは遠慮した方が良いでしょう。せめて身近な親戚や親友に送るぐらいに留めておきましょう。
出産祝いや、内祝いは日本の古くから伝わる伝統的な文化であります。
日本人特有の規律や礼儀、詫びさびを重んじた侍や古きよき時代の価値観や考え方の詰まった行事の一つです。

今まで出産祝いや、内祝いの存在さえ知らなかった人も多いのではないでしょうか。特に若い年代の人々は知らない人が多いと思います。結婚や出産を経験していないのである程度はしょうがないですが覚えておく、知っておくことで周りからの印象も、接し方も変わってくるので知ってて損はないでしょう。

正しいお祝い方法で出産の喜びを一緒に分かち合いましょう。ことわざで人の振り見て我が振り直せといったように流されるのではなく立ち止まって、深呼吸して不明な点があれば相談して出産祝いを必ず行ないましょう。

注目サイト

任天堂
http://www.nintendo.co.jp/