人気のプリザーブドフラワーの選ぶポイントは?

水やりなどの特別な日頃の手入れもいらず、しかも場合によっては10年近くも美しい状態を保ったまま花を楽しめる、プリザーブドフラワーは、その美しさと手軽さから、日本でも非常に人気を集めています。プリザーブドフラワーなどご覧になりましたか?素敵なプリザーブドフラワーばかりで見てるだけでも楽しいですよ。
特に人気があるのは、ウェディングの際のポイントです。

  1. ブーケ
  2. インテリアフラワー
  3. インテリアアート

として注目されています。
プリザーブドフラワーの人気の秘密のポイントは、なんといっても美しい花を寿命が長く保っておけることです。「枯れない花」とも言われているほどで、10年以上も保存できる可能性があるというのは、とても素晴らしく魅力的ポイントとなっています。

鮮やかに着色できるのがポイント

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーの人気の秘密のポイントは、美しい状態で長期間保存できるというだけではありません。花をどの色に着色するかということによっては、自然ではありえない色の花を作り出すこともできます。まだ夢のような花である青いバラも、プリザーブドフラワーなら作り出すことができます。

しかも造花やドライフラワーのような、固かったり乾燥したりした雰囲気の花ではなく、鮮やかに柔らかく、触ってもみずみずしさを感じるような状態で、生花にはない色の花を作り出すことができます。

まるで本当に新しい色の花ができたみたいで、とても楽しくなりますね。

現実にない色の花は、プリザーブドフラワーのアレンジメントにおけるデザイン性の幅を、ぐっと広くしてくれます。
こんな色のこんな花があったらもっときれいになるのに…ということを、プリザーブドフラワーなら現実にできてしまうのがポイントです。

プリザーブドフラワーを作るのに必要なアイテムのポイント

このように現実にない色の花を作り出せるのは、プリザーブドフラワーは生花を脱色し、さらに着色して作るからなのですが、使用する脱色剤や着色剤は、安全性の高いもので作ることができます。

脱水にはアルコールを主成分とするメタノールやエタノールを使いますし、その脱水した花に水の代わりに吸わせる液としては、ポリエチレングリコールや高級エーテルといった、不揮発性で比較的安全性の高い有機溶剤を使うのが一般的です。これらの成分はどれも安全性が高いので、ポイントとなるのは普通に触っても、子どもが触ったとしても、安心です。

お勧めはできませんが、万が一子供が口に入れてしまったとしても、すぐに吐き出させなければ体に害が出るということはありません。もちろん口に入れない方がよいのですが、ポイントは誤って口に入れてしまっても安心ということは、本当に助かりますよね。

プリザーブドフラワーのメリットとデメリット

メリットのポイント
プリザーブドフラワーの魅力というと、毎日の世話がいらないということがあります。水をあげなくても、美しい状態を保っておけるというのは非常にうれしいことです。新鮮な状態を保とうとして水をあげてしまうと、逆にダメになってしまうのが、プリザーブドフラワーです。ですから、放っておくというのがプリザーブドフラワーの保存方法としても適しているのです。
毎日の世話もいらず、しかも美しい花の状態を保っておけるということで、プリザーブドフラワーは花束として贈り物をするのにも、適しています。

よく入院している方に花束を持って行くと、その花粉やほこり、香りで患者さんに悪影響を与える可能性があり、避けた方がよいということを耳にすることがあります。しかし、プリザーブドフラワーなら、そんな心配はありません。
プリザーブドフラワーには花粉も香りもありませんので、たとえ花粉アレルギーがある方にプレゼントしても、絶対にアレルギーが発症することはありません。

またユリ等の香りは、個人によって好みが分かれる香りです。そのため送っても花の香りが楽しめず、花自体も楽しめないという方もいらっしゃいますが、プリザーブドフラワーならそのようなことはありません。どんな場所へでもプレゼントとして送ることが出来るのは、プリザーブドフラワーの大きな魅力のポイントでしょう。
デメリットのポイント
とはいえ、こんなプリザーブドフラワーにも、欠点があります。プリザーブドフラワーの最大の欠点となるポイントは、生花よりも価格が高いことです。生花を加工してプリザーブドフラワーを作るのですから、どうしても生花より高くなってしまうことは否めません。

ただ、10年間保存できる等の長期的なポイントで見てみると、もしかしたらプリザーブドフラワーの方がお得になるかもしれません。
そしてもう1つプリザーブドフラワーの欠点となるポイントはというと、まだまだ花の種類が少ないということがあります。
これには向き不向きがあるからなのですが、今後の技術の改良が望まれるところですね。

おすすめWEBサイト 5選

みずほ銀行
https://www.mizuhobank.co.jp/index.html