古き良き出産祝い

出産祝い

昔から伝わり、先祖代々続けてきた大切な行事や祭典は最近伝統が途絶えたり、後継者が現れず消滅するなど危機に陥っています。結婚する際の結納の儀式を行なう人も少なくなっています。
結婚式では仲人を立てず、親戚や親しい友人達だけで済ます地味婚がブームになるなど古きよき時代の出来事がだんだんと薄れていっています。

出産祝いや出産内祝いも人事ではありません。歴史に泥を塗るような事はしてはいけません。出産祝いがなくなることはそれほどの非常事態なのです。決して大袈裟な話ではありません。

便利で裕福な世の中に亜なっても、昔の伝統を重んじる心はいつも持ち続けなければいけません。
金銭的に余裕があっても、精神的に余裕がなければ人間として大成しません。

出産祝いの贈り物について

出産祝いの贈り物がどんな物でも関係ありません。挨拶やお礼と同じでお祝いを贈る行為が最高の祝福の形なのです。パン屋さんに行った時にショーウィンドウやケースの中にさまざまな種類のパンやケーキが並べられているのを見て優柔不断になってしまいなかなか買うものを決められない時に似ています。
あれもこれも良く感じてしまい最終的に何を買ってよいのか迷路や路頭に迷ってしまう。

なので、予め方向性を導き出しておいて、その後はお店で直接自分の目で、肌で、匂いで五感を研ぎ澄ませて伝わった感覚を信じて選べば良いでしょう。彼女や上司、先輩、後輩、兄弟、従兄弟に送るプレゼントの場合は下記のようなものです。

  • 指輪
  • ネックレス
  • ピアス
  • イヤリング
  • ブレスレッドのアクセサリー
  • サッカー日本代表のユニホーム
  • グローブ
  • ボール
  • 花束
  • 寄せ書き
  • ラジコン
  • プラモデル

しかしこれらのプレゼントではなく、赤ちゃんが日常生活で何を使うかを良く考慮、配慮した贈り物が喜ばれます。
おむつなどの消耗品や洋服も洗濯をすれば何回も着られます。乳母車や哺乳瓶などの日用雑貨でも良いでしょう。
体に優しく環境にも優しいエコ商品なんかもいいかもしれません。
物心就いた時まで使える物や孫の代まで受け継げる物でもなんでも選択肢は自由自在です。もし、選択肢に迷っているなら「悩むアナタをお助け!イチオシの出産祝いギフト」のページを参照して下さい。きっとお役に立てると思います。

出産祝いは気持ちが大事

贈られる方も贈る方も遠慮せず気を遣い過ぎずお祝いの気持ちを商品よりも全面に押し出してプレゼントすればちっぽけな物でも得体の知れない物でも最高の贈り物に変身します。気持ちと言う

  1. 醤油
  2. みりん
  3. 料理酒
  4. 味噌
  5. 塩・胡椒

のようなスパイスの効いた調味料を配合するだけで気分一新、情景もテンションも変わってきます。

砂漠にあるオアシス、ショートケーキの上のイチゴ、パスタの上のパセリ、ステーキの横の人参やコーン。
本来、贈り物自体はおまけや付属品みたいなものであって一番のメインは贈る人の気持ち、精神、心なのです。
喜びを共に分かち合い、これからもアドバイスを頼んだり相談を乞う時はお互い力を合わせて頑張っていける関係でありたい。

嘘、偽りのないコミュニケーションを構築していく。

その一つのプロセス・過程に行事やイベントがあり出産祝いもその中の一つである。
小さい事の積み重ねで信頼関係の絆は太くなり、
そこから新たなパイプラインが伸びて新しい出会いや経験が出来るかもしれません。

Favorite

ドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/