季節で考える子供服の用途

子供服にもたくさんの仕掛けや工夫がなされています。日本は春夏秋冬と四季折々に巡って来ます。
雪が舞い散る極寒の日もあれば、日差しが強く猛暑の真夏日もあれば、桜が満開で散歩が気持ちいい日もあれば、夜風が気持ちよくて食欲が増す過ごし易い日もあります。

夏で一番注意しなければいけないのが太陽の日差しです。気温が40度近くになる日が続く中で油断していたら熱中症や熱射病になります。紫外線にも気を配らなければなりません。
そこで紫外線、UV対策が施された子供服が発表されています。赤ちゃんの肌は大人よりも敏感肌で弱酸性です。
先ずは帽子です。紫外線を98%近くもカットするポンチョがロングセラーを記録しています。
体温調節が重要となる季節には必須アイテムです。

この他にもアイディア商品がたくさん発売されています。

ベビーカーの手持ちのパイプに所に嵌め込んで傘が間単に取り付けられる道具があります。
お子様が2人居る時に片手を傘で塞がれては不便でたまりません。
そんなイライラを解消してくれる商品でもあります。
季節お特長によって対策案を練っていかなければいけません。赤ちゃんはデリケートですから。

子供の絵本に注目

子供服の進化も目を見張るものがありますが、子供の絵本にも驚くべき商品が登場しました。
赤ちゃんの本質的なもので手のひらに指を入れると無意識に握り絞めてきます。赤ちゃんは色々なものに好奇心や興味を抱きます。子供が読んで楽しいかどうかが絵本を選ぶときのコツなのです。

そんな赤ちゃんの性質を捉えた絵本が発売されています。その絵本はリボンをタグにして本の周りに沢山張り巡らせてあります。見た目も肌触りもキュートで人気があります。
この本が誕生したきっかけは若いお母さんが自分の子供のために毛布などを使用して手作りで作成したのに始まります。子を想う母の気持ちは寛大で強いです。

この他にも身の回りの日用品を布で絵本に貼り付けたものがあります。
絵本を読みながら手先の感覚、器用さを養うことが出来るのです。
絵本の中では様々なシュチュエーションが用意されており

  1. ベルトにバックルを通す
  2. ホックで止める
  3. 絵本自体がファスナーで閉めて持ち運ぶ

が可能になっているのでいつでも遊ぶことが出来ます。
対象年齢設定はあるものの小さいころから生活の知恵や力を備えておく教育が出来るので役立ちます。

レンタルを考える

七五三は子供の初めての晴れ舞台だ。この晴れ舞台に何を着せればよいのか悩む親御さんも多いのではないでしょうか。ドレスか着物、購入するのかレンタルで済ますのか。悩む点はたくさんあります。
七五三の衣装をレンタルにするメリットは料金が安い、保管しないで済むので場所を確保する必要が無い事などが挙げられます。

  • 購入するメリットは何度も使える、兄弟や姉妹がいる場合には購入するのも良い。
  • 購入のデメリットはサイズが合わなければ無駄になってしまう点。

失敗や後悔しないように長いスパンで物事を判断しましょう。

和装か洋装が悩みポイント

衣装選びでは和装か洋装かで悩みます。

日本人として着物には一度は袖を通す経験するのは悪いことではありません。成人式に着物を着る機会はありますが早目に経験させておくことも良いでしょう。

ドレスは着物よりも着ていて楽です。最近ではドレスをチョイスする親も増えています。大人が着ていても帯の締まり具合や重さで疲れてしまうのですから子供が着るのは大変です。
子供の機嫌を損ねてしまっては七五三は台無しに終わってしまう。起こりえる事態を想定して衣装選びを行ないましょう。

子供服と一言でも表現しても多種多様であり、値段もピンきりです。
子供にベストマッチする子供服選びを心掛けましょう。

pickup

JAL
https://www.jal.co.jp/