日本の子供服事情

子供服業界にも世界各国からたくさんのインポートブランドが日本で市場を拡大しようと参入してきています。
シェア争いも苛酷で熾烈です。大人も御用達のブランドから子供服専門ブランドまで多様です。
(詳しくは人気が高い!子供服ブランドが発展し続けるアパレル会社)を確認!)
アパレル業界は佳境の時代を迎えている中で多くのトレンドやブーム、流行をブランド独自の観点で発信し維持していかなければなりません。

上段でご紹介したブランド以外にもまだまだあるので、
日本に入ってきている海外ブランドを紹介致します。

海外ブランドの数々

アメリカのブランド「マキエ」
アメリカのブランドでマキエと呼ばれるブランドがります。

マキエはニューヨークのマンハッタンに店を構えるブランドです。デザイナーの中には日本人もいて日本の人々にも馴染み易いデザインになっています。見た目には判りにく裏地やボタンなどにも気を配っており大人のファッション顔負けのデザインが特徴的です。

ミネソタ州ミネアポリスで創業したミネトンカと呼ばれるブランドもあります。このブランドの特徴としてはアメリカの先住民族であるインディアンの手作り靴を基本としてモカシで瞬く間に世界で有名になったシューズブランドです。
イギリスのブランド「ラ・ベンハム」
イギリスのブランドもあります。

ロンドンの小さな村で設立されたラ・ベンハムと呼ばれるブランドがあります。
このブランドは10年以上使っても安心できる耐久性の高さに自信があり、生地のスタッドやウェッピングは厳密に選りすぐられています。

キャラメルベビー・チャイルドもイギリスのブランドで、シャネルなどの高級ブランド店が立ち並ぶ一等地に店をオープンさせたことで話題にもなりました。
特徴はクオリティーの高さ、スタイル、機能性を重視したモダンでラグジュアリーなデザインが世界中で高い評価を得ています。
フランスのブランド「モンクレール」
フランスのブランドもあります。

アルプス地方で探検家の防寒着などの特殊なものを扱っていたモンクレール。このブランドは大人にも人気があり、芸能人やハリウッドセレブ達が愛用していることでも知られています。

モンクレールのダウンジャケットはグースカモの羽毛のみを使用しているので軽く、体温を逃さず、外気の風を通さない最高レベルのダウンです。ダウン界での地位は確立されており安泰です。
ラコステ
ラコステと呼ばれるブランドがある。

ラコステのシンボルは口を大きく開けたワニです。一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
ラコステの創業者は有名なテニスプレイヤーです。ポロシャツの代名詞にもなっています。

この他にもイタリア、オーストリア、ベルギー、オランダ、スペイン、デンマークといった世界の主要都市でもある国のブランドが数多く入ってきています。国の名前だけ見ればサッカーワールドカップみたいなワールドワイドです。
この国のブランド以外にもたくさん日本には海外ブランドが進出してきており、日本のお隣韓国やその他アジアの地域などです。

子供服の人気

子供服も大人の服に負けず劣らず人気があり、人気の度合いは万国共通です。

まだまだ発展途上国などの国々は子供服ブランドにそれほど関心は強くないが、中国などの今勢いのある国はこれから子供服産業が盛んに、活気を帯びてくるだろう。子供を対象にした商品はどこの国でも必要不可欠なポジションをキープしています。 オムツや粉ミルクなども同様な事が言えるでしょう。

注目サイト